HOME>特集>介護関係の現場でも看護のプロフェッショナルの存在は重要なものである

これからは介護の現場でも看護が必要になる

医者と看護師

昔から看護師が活躍する場所は病院やクリニックが主だとされてきましたが、最近はデイサービスなどの介護系へ転職する人も少なくありません。東京にはこうした介護の現場がたくさんあります。デイサービスで働く看護師には他の医療系で働く場合とは違った魅力があります。大概、看護師が活躍する現場は病院やクリニックなどの専門的な医療関係が多いわけですが、本格的に高齢化社会を迎えたこの現代では、医療の現場以外にも介護施設などもこの職業を必要としています。しかし、現実にはこういった方面に進む人は少ないというのが現状です。確かに医療関係の仕事から介護関係の仕事へ転職する人は少なくありません。多くの場合、医療系の仕事で経験を積んだ人がこのような介護系の仕事へ移るというケースが多いようです。

介護の現場で看護するメリットとは何か

それでは看護師がデイサービスなどの介護系の仕事に転職したときのメリットとは何でしょうか。病院などでの仕事を見れば分かることですが、朝から晩まで忙しく立ち働いているというイメージがあります。しかし、デイサービスでは力仕事があったとしても介護士と協力し合って仕事を進めるので、それほどの負担は感じないという人が多いです。また、残業が少ないというメリットもあります。デイサービスでは利用者の時間が決められていることから、それ以外の時間に仕事が出てくることもありません。このメリットは大きく、生活リズムを整えやすいということが言えるでしょう。特に高齢化が進んでいるこの東京では、こうした仕事もますます重要になり、求人も多く出てくることが見込まれます。

広告募集中